首にシワができてしまう、その理由とは

投稿日:

シワって顔にできてしまうイメージが強いですよね。でも実際は首にもシワはできてしまいまし、しかも深いシワになりやすいのです。ではどうして首に深いシワができてしまうのでしょうか?その理由を今回調べてまとめてみました。

首のシワは顔より深い?

首には年齢が出やすいってよく言いますよね。

それほど見た目年齢に影響を及ぼす首のシワですが、実はできてしまうとある問題が出てきてしまいます。

それは、首には深いシワができやすいということです。

どうして同じシワなのにできる場所によって深さが違ってしまうのでしょうか?

それに首は顔のように小ジワが目立つわけでもないのに、なぜ深いしわがいきなりできてしまうのか?

その答えは汗腺の数の違いとコラーゲンの減少、皮膚の薄さにあったのです。

シワができてしまう一番の原因、コラーゲン不足

首って顔と違って乾燥小ジワが目立ちにくいですよね。

これは首にある汗腺と呼ばれる汗を出す器官が顔の3倍もあり、乾燥しにくい為です。

ただ小ジワが目立ちにくい代わりに、ある成分が不足すると一気に深いシワができてしまうのです。

その成分とはコラーゲンです。

コラーゲンと言えばお肌の弾力を保ってプルプルにしてくれる成分として有名ですし、多くの女性からも注目されていますよね。

しかしそれは逆に、足りなくなると肌の弾力とプルプル感がなくなってしまうということです。

そんな大事なコラーゲンは、年齢を重ねるごとにどんどん減ってしまいます。

このため、歳をとるごとに若いころには無かったような深いシワが刻まれていってしまうわけです。

これはもちろん、首でも同じことが起きます。

このため首では乾燥小ジワが目立ちにくい代わりに、コラーゲンが減ることで一気に深いシワができてしまうのです。

ですが、コラーゲンが足りないとシワができてしまうのは、首でも顔でも同じはずですよね。

では、どうして首には顔より深いシワができてしまうのでしょうか。

首の皮膚は顔より薄い

首と顔の皮膚の違い、それは厚さです。

首の皮膚の厚さはなんと顔の皮膚の半分から3分の2程度しかないほど薄いのです。

一見デリケートそうな顔より皮膚が薄いなんて、なんだか意外ですよね。

でもこれだけ薄い皮膚を持っている部分なのに、首は毎日重たい頭を支えて、しかも顔をいろんな方向へ動かしています。

薄い皮膚でこれだけのストレスを受け続けているので、首の皮膚は弛んでしまいやすいのです。

それに首は顔より下にあるので、顔の弛みの影響まで受けてしまいます。

顔にある表情筋が衰えると皮膚が弛んで下へ落ちて行ってしまい、その影響で首にシワができてしまうことがあるのです。

シワと言えば顔の方に注目しがちですが、首がこれだけシワができやすい原因を抱えていたなんて驚きですよね。

まとめ

見た目年齢にも大きな影響を与えてしまう首のシワ。

そして首に深いシワができてしまう原因はコラーゲンの不足や皮膚の薄さ、顔の表情筋の衰え等多くあります。

このため、きちんとシワを防止しようと思ったら、保湿するだけでは不十分なのです。

歳を重ねるごとにコラーゲンは減っていって肌の弾力は失われてしまいますし、表情筋だって衰えて弛んでいきます。

でもだからこそ、原因をしっかりと意識したアプローチをしていくことが大切となります。

コツコツしっかりと対策して、シワの無い、若々しい首筋を目指したいですね。 

-未分類

Copyright© こうじ肌くりーむ口コミ , 2021 AllRights Reserved.